ハイエース

車のタイヤ交換のやり方。コツがわかればハイエースも自分で出来る[ジャッキアップ]

こんにちは。チャキオです。(space_pirates_c)

車のタイヤ交換って難しいなぁ、面倒くさいなぁと感じますよね。

チャキオも面倒くさいと感じるほうです。

ですが手順を理解しているとかなり簡単に出来ちゃうんですよね。

しかもタイヤ交換代がかからない大きなメリットもあります。

そろそろタイヤ交換の時期なので写真を多めに解説していきます。

タイヤ交換手順

  • タイヤ止め
  • ナットを緩める
  • ジャッキアップ
  • タイヤ外し
  • タイヤ装着
  • ナット締め
  • ジャッキダウン

道具

絶対必要な道具

  • タイヤ止め
  • ジャッキ
  • レンチ

あると便利な道具

  • パーツクリーナー
  • グリス
  • 電動インパクトレンチ

実際にやってみる

チャキオの愛車、ハイエースです。

大きくても簡単に出来ますよ。

タイヤ止め

まずはタイヤ止めをします。

とりあえず地面とタイヤの間にハマっていれば大丈夫です。

この程度でも動かないですが、しっかりとしたタイヤ止めをオススメします。

ナットを緩める

ジャッキアップする前にナットを緩めます。

ジャッキアップしてからナットを緩めると、振動などでジャッキから落ちてしまうことがあります。

電動インパクトレンチが有ると便利です。

BAL(大橋産業)電動インパクトレンチの使い方。ハイエースのタイヤ交換にオススメこんにちは。チャキオです。(space_pirates_c) BAL(大橋産業)の電動インパクトレンチの使用方法を紹介します。 ...

ジャッキアップポイント

ハイエースのジャッキアップポイントはここになります。

詳しくはこちらの記事にまとめました。

ハイエースのジャッキアップポイントはどこ?画像付きで説明こんにちは。チャキオです。(space_pirates_c) ハイエースのタイヤ交換したいけど、ジャッキアップってどこに当てたらい...

ナットを外してタイヤを外す

ナットを緩めて、ジャッキアップをするとタイヤが外れます。

タイヤが外れたら付け替えていきます。

タイヤを外したら、パーツクリーナーで汚れを落としておくと、次の交換が楽です。

タイヤを取り付け

タイヤを取り付けたらレンチやインパクトを使わないで手でナットを仮止めしましょう。

仮止めが終わったら後はレンチで締めていくだけです。

ナットを締めていく順番があります。

対角線になるように締めて行きましょう。

規定通りのトルク(締め付けの強さ)で締めます。スタンドやショップでチェックしてくれます。

ジャッキダウンして完了

お疲れ様でした。この作業を後3回、計4回やれば完了です。

慣れれば30分程で出来ますよ。

空気圧チェックと増し締めも忘れずに

空気圧チェックはスタンドで

タイヤ交換後に空気圧チェックも忘れずに。

チャキオはスタンドで空気圧チェックを無料でしてくれたりするので活用してます。

増し締めはショップや自分で

タイヤ交換後、走行、50キロ~100キロ程でタイヤナットの増し締めをします。

走ってるうちに緩む事があります。

最寄りのカーショップや出来る方は自分でやっても大丈夫です。

終わりに

手順がわかればなんて事のない作業なのがタイヤ交換です。

やり方がわからなかったり、面倒くさかったり、道具がなかったり。

通常の乗用車なら1万円もあれば工具は揃います。

タイヤ交換は年2回で5000円から1万円かかります。車種にもよります。

タイヤ交換3回分で元がとれてしまいますね。

この先ずっとタイヤ交換代がかからないなら自分でやるのもありだと思います。

以上チャキオでした。したっけね。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です